0184-74-3308 お問い合わせ

News

2024.05.13

あがりこ大王の棲む、ブナの森

 

 

 

中島台レクリエーションの森

 

秋田県にかほ市象潟町の鳥海山北西山麓にある中島台レクリエーションの森。ブナやミズナラの巨木が群生する森で、散策コースは一周約5kmでほとんど木の板の道になっています。その道を歩いているといろいろな形をしているブナの木が見つかり、林野庁の「森の巨人たち百選」にも選ばれている「あがりこ大王」もあります。

 

あがりこ大王

あがりこ大王は、樹高25m、幹周り7.62m、樹齢が推定300年の巨大なブナの木です。「あがりこ」とは、豪雪地帯特有のブナの特殊な樹形をあらわしていて、地上から2~3メートル上がったところから子が出ているという意味です。ブナの生命力と人の暮らしが作り出す、この地域独特の樹形といえます。

 

中島台レクリエーションの森には、散策コースのほか、キャンプ場や広場もございます。駐車場近くに管理棟があり、散策コースのマップをいただいたり、わからないことを確認することができますのでご利用ください。
また、一周約5kmの散策コースはフルコースで2時間20分の所用時間です。時間が限られている場合や足に自信がないという方は、見たいところだけを見る回り方などがあります。天候や体調に合わせて、無理なく自然を満喫されてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

ハイキングやバードウオッチ、お子さまの自由研究にも

 

獅子ヶ鼻湿原

中島台レクリエーションの森に隣接する「獅子ヶ鼻湿原」は、史跡名勝天然記念物。7.2~7.3℃の低温と、ph4.4~4.6の酸性の極めて厳しい環境となっています。豊富な湧水によりコケが半球状に生育した「鳥海マリモ」を始めとするコケの群落が見られます。

 

 

鳥海マリモ

湧き水の周辺や川底に球状・クッション状に密生しており、50年~100年の歳月をかけて生育するといわれています。このコケの、ハンデルソロイゴケとヒラウロコゴケが絡み合って球体状になったものが「鳥海マリモ」と呼ばれています。日本では八ヶ岳と獅子ヶ鼻湿原の2カ所のみ、世界的にみても、スペイン・イタリア・トルコなどの地中海沿岸でしか生息していない、学術的にも極めて貴重なものです。

 

鳥海山・飛島ジオパーク

ジオパークは、ジオ(地球)に関わるさまざまな自然遺産、たとえば、地層・岩石・地形・火山・断層などを含む自然豊かな「公園」のことです。このエリアは「鳥海山・飛島ジオパーク」内になります。この地域の豊かな自然や文化を学習に活かし、お子さまの夏休みの自由研究の題材にも適していると思います。

 

 

マイナスイオンたっぷりのフォトスポット

 

 

 

元滝伏流水

「元滝」は、滝だけでなく周囲の岩々から湧き出る「元滝伏流水」が魅力です。苔むした岩の緑と、滝の水しぶきの白。このコントラストが美しく、幻想的なこの光景は多くの写真愛好家たちを魅了しています。
約30mの幅の岩肌から一日5万トンもの水が豊かに湧き出ていて、水しぶきが霧状になっていて一面がベールに包まれたように見えます。清涼感あるマイナスイオンをたっぷり浴びられます。
苔むした岩の隙間から流れる清らかな水が美しい川の流れになり、神秘的な美しさを感じられるスポットとなっています。

 

象潟モンゴルヴィレッジバイガルから

『中島台レクリエーションの森』駐車場までのアクセスは、車で約19分。
『元滝伏流水』までは、車で約18分。
となっております。

 

自然体感できる、見どころたくさんのエリアです。
「海」も「川」も「山」も、たくさん体感してみてください!

 

5月~のご予約は こちらから

 

 

お問合わせ先 TEL 0184-74-3308 象潟モンゴルビレッジバイガル

お知らせ一覧へ